スポンサーリンク

こんばんは!

 

毎日、コロナウイルスの話題です。

 

 

東京も加速度的に増えてきており、非常に心配であります。

 

 

ハワイでは外出禁止や、国によっては出歩いたら罰金になるなど、

 

対策様々ですね。

 

パパとしては、小さな子供もいるので一日も早い収束を祈るばかりです。

 

 

祈ってばかりもおられないので、やはり自分たちの身は自分で守ることをまずやっています。

 

 

 

さて、今日は先日、TBSの朝の情報番組『あさチャン!』で見ましたが、

 

新型コロナウイルスの影響で「せきできない」患者さんに

 

【花粉症・ぜんそくバッジ】で身を守る

 

と題し、バッジの特集をしていました。

 

ご覧になった方も多いのではないでしょうか?

 

今、少し咳をしただけで冷たい目で見られる。

 

そんなコロハラ(コロナウイルスハラスメント)があるそうです。

 

なんでも略せばいいってもんでもないと思いますが。。。

 

 

とは言え、ぜんそくや花粉症にお困りの方もいると思います。

 

スギ花粉はピークアウトしましたが、喘息の方は1年中大変ですから。

 

私も軽い喘息を持っていましたので、大変なことはよくわかります。

 

一度咳が出ると止まらないなんてこともありました。

 

今はおかげさまで症状が良くなっています。

 

自分自身の力を引き出すことをやることによって変化を生み出すことができています。

 

もし参考になればと思い、シェアさせて頂きます。

 

医療従事者も納得する次世代健康法の無料メルマガ

 

 

番組内では、新型コロナウイルスの影響で

乗り物や閉鎖空間で咳やクシャミをしただけで嫌な顔をされた。

もしくは、揉めてしまうなど事案が発生していることを例にあげました。

 

そこで、一般の人がツイッターでつぶやいた投稿を取り上げていました。

 


花粉症・喘息バッジの紹介をしていました。

 

特に喘息の人も同様に困っている方がいらっしゃるのではないでしょうか?

 

ニュースで取り上げられた後に、一日に100個を超えて売れる日があったそうです。

 

 

電話での問い合わせ先がありましたが、

紹介されているような花粉症・ぜんそくバッジがどんなお店で買えるのか?

ネットで購入できないか?調べてみました。

 

それではさっそくいってみましょう。

 

目次
1,花粉症・喘息バッジはどこの店で購入できる?
2,花粉症・喘息バッジはネット購入は?
3,花粉症・喘息バッジの価格を調査!
4,まとめ
近くのお店で気軽に購入できたり、実物が見れたら良いのですが。
どうでしょうか?

問い合わせてから伺って頂くことがオススメです。

店舗情報

住所:神奈川県川崎市中原区丸子通1-640 ブライトコーポ103

電話番号:044-948-5451
営業時間:11:00 〜 17:30

定休日:月,祝(日曜不定休)

若月印刷

店舗情報
住所:
本社/山形県西村山郡大江町左沢105
寒河江事業所/山形県寒河江市大字中郷字千本原1787
関東営業部/千葉県市川市原木1ー18−1 グリーンピア原木30BTEL:0237-62-3153

「喘息(ぜんそく)だっす」「花粉症だず」と、症状を山形弁で知らせる缶バッジが人気を集めている。

印刷会社さんでも多く作っておらるのですね。
それぞれの地域の特徴があってそれだけ困っておられる方が多いのだと思います。
ただ、店舗で手に入れようと思うと、なかなか難しいようです。
そうなると頼りになるのはネットですね。

2,花粉症・喘息バッジはネット購入は?

ネットでは多くの店舗がヒットしました。
私も軽い咳喘息をもっていましたが、このバッチの存在知りませんでした。

 

 

 

ただでさえ、咳が出ることが大変なのにもかかわらず、

それ以上のストレスを抱えるとなると苦しいと思います。

 

一日も早いコロナウイルス収束を全員で助け合って達成したいですね。

 

3,花粉症・喘息バッジの価格を調査!

価格は200円~様々です。

 

デザインや大きさなどでも違ってくるようです。

 

少しでもみんなが相手を思いやる社会になればいいなと思います。

 

 

まとめ

TV紹介後、大きな話題も呼んでいます。

 

大きな需要があるのも、コロナウイルスの影響です。

 

一人一人が思いやりを持って接することが重要ですね。

 

 

バッジをお求めの方は、インターネットのほうが便利そうです!

 

 

ご参考になれば嬉しいです!

 

医療従事者も納得する次世代健康法の無料メルマガ

 

 

最後まで読んで頂きまして有難うございました!

スポンサーリンク
おすすめの記事